Bunshuが歩く。

歩くように日々考えていること、思っていること。思いつき。

【Book】7月読んだ本。

7月は6月に引き続き、12冊の本を読むことができました。

たくさんの情報を入れることができているという点においては、良い傾向です。

頑張ります。

 

《小説》

1. ロストシンボル・上

2. ロストシンボル・中

3. ロストシンボル・下

4. インフェルノ・上

5. インフェルノ・中

6. インフェルノ・下

7. よるのふくらみ

 

《生物・学術関連》

8. 科学哲学への招待

9. 子どものための哲学対話

10. モラル・アニマル・上

 

《その他》

11. 快楽主義の哲学

12. うちの娘はAV女優です

 

最近、「科学哲学」という分野にちょっと関心を持っていたので、それ関連の本が少し。

後はダン・ブラウンの小説と、その他です。

 

 

《小説》

1. ロストシンボル・上

2. ロストシンボル・中

3. ロストシンボル・下

ダン・ブラウンが送り出すロバート・ラングトン教授シリーズを読み進めています。

なんとなくワンパターン化している感は否めなくもないですが、登場するうんちくの量は毎回毎回はんぱなく多く。

ただただ圧倒されます。

 

今回特に面白かったのは「呼吸できる水」というものです。

液体呼吸」と呼ばれていて、酸素を多く含む液体(作中ではパーフルオロカーボン)の中でも肺呼吸の生物が生存できるというものです。

 

すごいですよね笑。

 

このようにラングトン教授シリーズでは、まだ世に出回っていないような最新(?)の科学技術が登場する点が僕は好きです。

 

 

 

4. インフェルノ・上

5. インフェルノ・中

6. インフェルノ・下

現在、出版されているロバート・ラングトンシリーズの最後で、これでシリーズをすべて読破したことになります。

 

本作品名「インフェルノ」は「地獄」という意味で、ダンテの「神曲・時獄篇」をメイントピックに置いています。

また、中心テーマとして「人口過多」「生物兵器」など、僕も関心がある事柄が取り上げられていて非常に興味深かったです。

 

いわゆる先進国では、体外受精代理出産といった「生殖医療」と呼ばれるものが発展しており、一人の子をもつことに多大な労力が割かれることもあります。

一方で、世界規模では人口増加は止まらず、過多であるともいわれます。

その不思議を不思議と僕は思っていたのですが、本書ではその人口過多に歯止めを聞かせる手段として生物兵器を用いた策略が展開されます。

 

人口問題は難しいよねーと思うのですが、考えてみるキッカケを与えてくれる本です。

目の前に広がる当たり前を、自分なりに考えてみるのって大事な気がするんですよね。

気がするだけですが。

 

 

 

7. よるのふくらみ

どうやってこの本に出会ったかは、忘れました。

がしかし、すごくいい本です。

人間のゆらゆら揺れ動く心情を描いた症で、僕はそういうタイプの小説が好きです。

だからいいんです。

 

 

 

《生物・学術関連》

8. 科学哲学への招待

科学の歴史と、科学哲学で取り上げられることを広くザっと拾ってくれる本です。

「科学哲学」ってなに?興味ある!という人にはお勧めできる本です。

 

僕は、科学哲学の中でも「世代間倫理」に興味があります。

今生きている僕たちが地球の資源を使いつくしてしまったら、次の世代が困るじゃん!ってやつです。

 

過去のエントリーで「人間らしさはイマ・ココ・ワタシ以外を想像する力」とか書いた気がするんですが、世代間倫理はまさにこれです。

未来の自分以外、僕たちでいうところの日本以外を想像できるかどうか。

 

放射性廃棄物はどうすんの?化石燃料はなくならないの?

とか、考えられる人でありたいです。

 

 

 

9. 子どものための哲学対話

えっと、この本に関しては説明がちょっと難しいです。

正直、子どもが読んでわかるんかなぁって気もします。。

僕には難しめでした。

 

日常のことに関してよく考えてみようぜ、って感じでしょうか。

疑問の内容自体はよくわからずとも、いろんなことに疑問を持っていいんだ!ってことはわかってもらえる本かもしれません。

 

 

 

10. モラル・アニマル・上

「はじめに」がとても印象的でした。

「レイプされる側の適応戦略」について、生物学的な考察がそこにはありました。

 

レイプされる側は完全に被害者なのですが、生物学的に考えてみると、考えることのできる適応戦略があるのです。

「適応戦略」とは、自らの遺伝子を遺すためにとる一連の手段です。

つまり、される側にも考えがある、というような意味になります。

 

ビックリしました。

でも、理論上はわからんでもないのです。

しかし、それは人間の社会では通用しにくいような理論で、著者もオランウータンの社会ではそう理解できるんだと書いています。

 

いろんな解釈があることは学術的に興味深いとは思うのですが、それを多くの人にわかってもらうのって難しいんだろうなぁと感じました。

 

 

 

《その他》

11. 快楽主義の哲学

厄介なことを限りなく少なくすることが幸福。

自分のやりたいことを貪欲に求めていくのが快楽。

 

幸福より、快楽を求めないか。

と説く本です。

 

やっぱり、歳を重ねるとどうしても徐々に守りに入ってしまっている感は否めないです。

快楽主義で生きたいね。

 

12. うちの娘はAV女優です

僕は知らないことを知るのが好きです。

AV女優の娘をもつ親はどんな気持ちなのだろうか。

これについて僕は知らないので、読んでみました。

 

基本的に娘側のインタビューが記載されていたので、親の気持ちはほとんどわかりませんでした。

そこがすごく残念でしたが、今の娘が母親になったらどうしようと思うか、は書いてありました。

 

アダルト産業と直接的な関りがあるわけではありませんが、昔と今の違いについて、子どもがやりたいと言ったことに関して、親の力がおよばなくなっている、という記述には少し考えさせられました。

もし自分に子どもができて、その子がやりたいと言ったことが、自分がやらせたくないことだったら、その時はどうしたらいいのかなぁ、と。

 

答えは雲の中です。。 

 

 

 

チャンチャン♪

 

 

【Book】6月読んだ本。

つい先週のことです。

僕は「6月読んだ本。」を書いていないことに気づきました。

というわけで、もう8月ですが、まずは「6月読んだ本。」です。

 

 

《小説》

1. ダヴィンチコード・上

2. ダヴィンチコード・中

3. ダヴィンチコード・下

4. 鹿の王・上

5. 鹿の王・下

 

《生物・学術関連》

6. 進化倫理学入門

7. スタンフォード式 睡眠

8. SLEEP

 

《その他》

9. 良心をもたない人たち

10. ママ、さよなら。ありがとう

11. ハーバードの自分を知る技術

12. 快楽のスイッチ

 

 

5月が3冊しか読めなかった反動なのか、12冊も読んだらしいです。

記録をつけ始めてからの月平均読了数はだいたい8冊です。

年間100冊くらいのペースです。

 

数はそんなに意識していないのですが、たくさん読めるということは、たくさんのことを知ることができるということなので、良きことです^^

 

 

 

《小説》

1. ダヴィンチコード・上

2. ダヴィンチコード・中

3. ダヴィンチコード・下

映画で有名になりましたよねー。

今更ながらに読んでみました。

 

というのも今、著者ダン・ブラウンの手掛ける小説の中の主人公ロバート・ラングトン教授シリーズを読み漁っています。

それほど数は多くないので、そのうち読破できるかと。

 

ラングトン教授のシリーズでは宗教絵画に絡んだ物語が展開されます。

 

世界ではいろんなものが流行ったり、愛されたりしますが、一部の宗教ほど長く信仰されているものはないと僕は思っています。

多くの人々がそれほど長い間、進行してきた大きな宗派には、何か共通点があるのではないかと思っています。

それこそが、人が求めているものじゃないのかなーと。

 

 

 

4. 鹿の王・上

5. 鹿の王・下

随分と前に読破した気がしていたんですけど、まだふた月前の話なのね。

 

生物学の知見を独特の比喩で表現している箇所が非常に面白かったです。

生物の体の内で起こっていることと、外で起こっていることが似ているというような記述があるのですが、僕もそれは前々から思っていて、両者の共通点は偶然のものとはどうも思えないんですよね。

 

それと、科学的な医学と、精神的な医学の対関係も面白かったです。

これも以前に「天使と悪魔」を読んだときから考えているのですが、科学に携わる者としては科学の立場を取りたいけども、最後は精神のような気がするんよね。

そもそも「対」ですらないのかもしれませんが。

 

 

 

《生物・学術関連》

6. 進化倫理学入門

生物としての目的(遺伝子を遺すこと)至上主義で考えると、世にはびこる背徳行為が説明できてしまうことがあります。

「なんで浮気なんかするの?」の謎が解けた(ように思う)ときに「あー」という何とも言えない納得感を得てしまいます。

だからって背徳行為を肯定するわけではありません。

人間は、生物としての目的至上主義の上に社会を形成・維持していくためのルールを作りました。

そしてそのルールがあってこそ、より目的達成に近づくのかなぁと不思議な気持ちになります(例えば、浮気をした人は非難され、その社会で生きにくくなり、遺伝子を遺すことができなくなる?)。

 

人間としての私たちと、生物としての私たちの間の絶妙なバランスはどこにあるんですかね。

 

 

 

7. スタンフォード式 睡眠

8. SLEEP

睡眠に関する本を二冊読みました。

 

僕は、人生のパフォーマンスを最高にするには「睡眠・食事・運動」が大事だと思っています。

この三本柱がきちっとして初めて、「僕」という人間を正しく評価してもらえると思うからです。

自分のパフォーマンスが最大じゃないのに「君、だめね」って言われるのは嫌じゃないですか笑。

 

この3つのなかでも特に大事にしているのが「睡眠」です。

僕が大事にしている「考えること」への影響が大きいからです。

 

スタンフォード式最高の睡眠」は科学的に明らかになっている知見を、「SLEEP」は日常生活で睡眠の質を上げる方法を具体的に、紹介している印象でした。

 

 

 

《その他》

9. 良心をもたない人たち

「あなたの行動が理解できない!」と憤りを感じることありませんか?

僕にはあります笑い。

 

自分にとって、信じられないような行動を取る人たちはどのように考えているのかを、知りたいと思うことが僕にはままあります。

そこでこの本を読んでみました。

 

少し視野が広くなった気がします。

世の中には、本当にいろんな考え方がありますね。

 

 

 

10. ママ、さよなら。ありがとう

僕は知らないことを知ることが好きです。

それらを本を通じて知っていく作業が好きです。

 

僕は男ですので、おそらく生涯において出産を経験することはありません。

よって、僕は一生、出産を知らない人間なのです。

だから本で勉強しよー、っていうのが最近の僕の流行りのひとつです。

 

この本は流産に関する本で、妊娠を経験できない僕には一生わからないことです。

まぁ、でも少しくらい知ろうよ、手にした最初の一冊です。

 

科学的な本を読みたいと思っていましたが、この本は精神的な内容なよっているようでした。

まぁでも、やっぱりこういう場面では科学であーだこーだより、精神的な処置の方がすくいなのかなぁと思った次第です。

 

 

 

11. ハーバードの自分を知る技術

こーいう自己啓発っぽい本を読んでも「何も変わらない」と批判する人いますよね。

僕は個人的に、「自己啓発本の価値は内容ではなく、読了後あるいは読書中に、いかに考えるかにある」と思っています。

 

方法は何でもいいので、自分の人生どうしよかなーとか自分なりに考えてみる機会と時間、それが自己を啓発するんじゃないかと。

なんで、自己啓発本を読んでも、自分で考えないと意味ないですよね。

 

本を閉じてからが本当に大事な時間だと思います。

思いついたことがあって、そのことについて考えるなら、目次で閉じてもいいと思いますよ。

 

 

 

12. 快楽のスイッチ

友人に官能系やと思われた本、、、笑。

真面目にチョイスしました。

 

前々から、マッサージの技術を簡単にでも持っていることは、生活の質をグンと向上させると僕は考えています。

んで、自分なりにマッサージは練習して、一般よりはうまいと思っています笑。

 

マッサージは疲れを取りますし、触れ合うことそのものがコミュニケーションにもなります。

疲れが取れて、仲良くなれば、そりゃいいこともあるよねって本です笑。

 

 

 

以上、6月読んだ本でした。

良いペースで読書できているので継続出来たらいいなと思います。

ただ、月12冊のペースで読んでいても、読みたい本はたまるばかりです。

僕の知らないことは山ほどあり、知りたいことだらけです。

 

 

 

チャンチャン♪

 

 

 

【Book】5月読んだ本。

この「読んだ本」シリーズを書いていると、いつも時の流れの遅さを感じます。

一日一日を思うと、あっという間なんだけれど。

ひと月前を振り返ると、「まだひと月しかたっていないのか」といつも思います。

「読んだ本」シリーズを書くことによって、月に一度、時の流れを意識できることはひょっとするとすごく意義深いことなのかもしれないと思うのでした。

 

 

 

さて、5月は、、、3冊しか本を読むことができませんでした。

 

記録をつけ始めてから最小数です。。

5月はちょっと忙しかったのです(といった感じにひと月前を振り返ることができる)。

しかし、とても面白い3冊に出会うことができました。

 

《小説》

当該なし

 

《生物・学術関連》

1. ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか

2. いじめは生存戦略だった!?

 

《その他》

3. 愛するということ

 

 そして、これら3冊のうち2冊から、僕の人生においてひょっとしたら重要になるかもしれない洞察を得ることができました。

そういった意味で、とてもコスパのよい5月でした(といった感じにひと月前を振り返ることができる)。

 

 

 

1. ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか

生物学的に僕たち人間を動物の一種として表現する場合には「ヒト」という書き方をします。

一方で、社会や文化に重点をおいて他の動物とは一線を画して表現する場合には「人間」と書きます。

 

ヒトから人間に。

他の動物と私たち人間という動物の違いは何か?を最新の科学的証拠で迫っていこうという本です。

 

知らなかった知見が山ほどあり、スマホにメモを取りながら読んだのですが、恐ろしい量になりました笑。

 

その中で、「人間らしさ」というフワッとしたものが自分の中で輪郭を作り出してきました。

人間らしさとは、いま・ここ・わたし以外を想像する力、なのかなぁと。

 

yokkon.hatenablog.com

 

 

 

2. いじめは生存戦略だった!?

いわゆるジャケ買いってやつです笑。

 

「進化倫理学」という分野を扱った本です。

人間の行動(例えばいじめ)を進化生物学の観点から解釈しようというものです。

 

僕が大好きな生物学の中でも、進化生物学はかなり好きな部類に入ます。

進化学の観点からヒトや動物の行動の意味を考え、「こういう理由か!」と閃いたり、わかったりしたときの感覚が何とも言えず、病みつきになっています。

 

しかし、進化学は道徳に反する行為に対してもっともらしい言い訳を与えるものではありません。

生き物だから仕方ないじゃん、とはならないのです。

 

ヒトとしての性質を理解した上で、人間としてどのように生きていくか。

どうしたら背徳行為で悲しむ人を減らすことができるのか。

 

 

 

《その他》

3. 愛するということ

この本については僕が以前に書いたエントリーを引用することにします。

 

『愛の形態は一直線上にあるのかなぁ、と思います。

自己愛(自己承認)→家族愛→友愛→恋愛→人間愛(全ての人への愛)

各ステップの愛が満ち足りないと、次のステップへは進めない。

(だから恋愛は難しいわけです笑)』

 

これが、この本から得られた最大の洞察です。

まずは自分を「愛するということ」 。

 

yokkon.hatenablog.com

 

 

 

5月は3冊しか読めませんでしたが、素晴らしい本に出合えました。

また、6月は5月の埋め合わせのごとくたくさん読んでいます。

それでも、読みたい本は増えるばかりで、僕のブックマークは膨れるばかりです。

 

本を読むことによって知らない世界を知ることができます。

僕にとって、それはとても楽しいことです。

 

特に、絶対に知りえない世界(例えば、男性にとっての女性とか、歴史とか、地球の反対側で送る一生)を知ることが楽しいのかなぁと最近思っています。

 

 

 

チャンチャン♪

 

【Book】【Life】愛の形態は自己愛から始める一直線上にあるのかなぁ。~「愛するということ」を読んで~

『愛するということ』エーリッヒ・フロム

 

後輩にオススメしてもらった本。

 

古典なのに斬新。

 

「愛することは技術である」とフロムは言います。

技術だからこそ、関心・理論・実践をもって学ばなければならない、と。

 

愛は与えること。

与えることは、失うことではありません。

与えることで、自分の中に生まれるものがあります。

それが愛。

 

自分がしてほしいことを相手にもしてあげなさい。

どこかで聞いたことあるような、ないような。

されるためには、まず自分からすること。

しない人が、されることはない。

 

愛の形態は一直線上にあるのかなぁ、と思います。

自己愛(自己承認)→家族愛→友愛→恋愛→人間愛(全ての人への愛)

各ステップの愛が満ち足りないと、次のステップへは進めない。

(だから恋愛は難しいわけです笑)

 

まずは自分を愛すること。

そして自分自身を与えること。

 

 

 

チャンチャン♪

 

【Book】【Life】人間らしさとは、いま・ここ・わたし以外を想像する力。~「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」を読んで~

『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか』

 

僕が思うに、人間らしさとは「いま、ここ、わたし以外を想像する力」です。
この能力が他の生物とは、ちと違うと考えています。

 

時間的にも、空間的にも、精神的にも、視野は広い方がいい。

 

「人間の起源」に迫るだけでなく読者の視野を広げることを裏テーマに置いた面白い本でした(^^)

 

僕たちが想像するのは自分の老後と子どもの一生くらいまで。
その後の地球は?地球の反対側では?あの人は?

 

 

 

チャンチャン♪

【Life】自分を大切に、周りを大切に、世界の人を大切に。~マーク・ザッカーバーグのハーバード大学卒業スピーチを聞いて~

僕はFacebookのおかげで、いろんな人に会えたし、いろんな経験ができました。
間違いなく、それがあって今の僕があります。


そんなFacebookを作ったマーク・ザッカーバーグハーバード大学での卒業スピーチ。

 

「自分だけの幸せを考える時代ではない。」
しかし、自分の生活が満ちていないと他の人の生活まで考えるのは難しい。
だからこそ、まずはローカルなコミュニティを立て直さなければ。
のような旨のことを語っています。

 

まずは「自分」と「周りの友達・家族」を大切にすること。
与えること。

 

たまたま最近読んだ本から得た三つの発想
1. 時間・空間・精神的な視野の広さ(「ヒューマン」より)
2. 自己愛から始める愛の形態(「愛するということ」より)
3. 与えること(「ギブ&テイク」より)
も相まって、とても感銘を受けたのでした。

 

yokkon.hatenablog.com

 

yokkon.hatenablog.com

 

 

人間だけでなく、、生き物、自然、地球(宇宙も入るのかな)。
もっと「視野を広く持って生きたい」と思う。
僕に何ができていて、何ができるのかはわからないけど、意識として持っておきたいと思いました。

 

あと、あらゆる人が挑戦できる世界を作るべきにも共感します。
「変化」を受け入れる素養を身に着けたい。

 

 


日本語訳(ボランティア)

keizokuramoto.blogspot.jp

 

Youtube

www.youtube.com

 

 

(「普通に楽に生きていこうよ」と言う自分がいる一方で、ちょっとくらい頑張ってでも「人のために生きるんだよ」って言う自分がいて、とっかえひっかえ頭をもたげます。そんなんでもええんじゃないかと。)

 

 

チャンチャン♪

【Book】4月読んだ本。

4月読んだ本です。

4月は面白い本にたくさん出会えました。

それぞれを簡単に紹介しようと思います。

 

《小説》

1. ワイルドソウル・下

2. 山椒魚

3. クロイツェル・ソナタ/悪魔

 

《学術関連》

4. 恋愛を数学する

5. 快楽の奥義

6. 「その日暮らし」の人類学

 

《その他》

7. アサーション入門

8. Give and Take

 

 

 

《小説》

1. ワイルドソウル・下

「知らないことが罪」

「自分が可愛い」

という表現が何度か登場し、とても印象に残ったフレーズです。

 

地球の反対側で起こっていることでも知らないから仕方ないのではなく、想像してみたことがあるか?

問題に気づいたときに動かないのは、結局自分が可愛いから、守っているだけではないのか?

 

ということを問われている気がしました。

自分さえ良ければ、、、という考え方にくぎを刺す一冊でした。

 

 

 

2. 山椒魚

渋めの本です。

現代小説とは毛色の異なる表現が楽しく、きれいだなぁーと言える本でした

 

山椒魚は悲しんだ」

「お互いに裸体であるということは、その裸体の持主達をしていちはやく親しい友人にさせてしまうものらしかった」

「容易に形容することができない勿体ない精神が雪よりも冷たく私の胸もとにしみこむ気配であった」

「彼女を平和に泣かしてやるために乗客たちに対して私のからだで障壁をつくり」

「人どおりの多い街を歩きながら、この散歩を送別の宴会に代用しようということに定めた」

(以上、本文より)

 

 

 

3. クロイツェル・ソナタ/悪魔

ひょんなことから知り合った人にお勧めしてもらって読んだ本。

自分の好みだけでは一生で会うことがなかったかもしれない一冊。

人にお勧めの本を聞くのはこのような出会いがあるからおもしろい。

 

禁欲を犯したことによる二つの不幸な末路を描いた作品。

当たり前と思っていることに疑問を投げかける作品。

 

極論であるがゆえに常識を鋭く突いてくる。

欲について改めて偏見なしに考えてみようと思いました。

 

(ヴェートベンの楽曲「クロイツェル・ソナタ」も好きです)

 

 

 

《学術関連》

4. 恋愛を数学する

数学の視点から恋愛の戦略を紹介していて興味深かったです。

著者はTEDでも「愛を語る数学」としてプレゼンしています。

 

www.ted.com

 

本書で紹介されている「ゲール・シャプレイ・アルゴリズム」によると、自分からアプローチをかけた方が、より好みの相手と一緒になれる確率が高くなるそうです。

数学的にも、努力は報われるということを知って安心しました笑。

 

 

 

5. 快楽の奥義

「恋愛を数学する」は本屋で見つけて、Amazonで買いました。

んで、そのAmazonのページにお勧めで紹介されていたのが本書。

 

タイトル的に面白そうだと思ってページを開いてみると、高評価レビューが多かったので、とりあえず購入してみました。

 

現代のコミュニケーション問題に、(少なくとも僕にとっては)新しい視点から入り込む一冊でした。

肌と肌とのコミュニケーションを真の意味での感情のやり取りととらえています。

 

たぶん読んでみないと伝わらない、というか上手く伝えられないと思うので、興味ある方はぜひ^^

 

 

 

6. 「その日暮らし」の人類学

僕たちは未来のことを当たり前のように考えて、〇〇になるとか、〇〇に備えるとか言います。

そして、明日のために今日を犠牲にし、明後日のために明日を犠牲にしているのかもしれません。

しかし、「その日暮らし」をしている人たちにはその概念がないのです。

 

自分たちの周囲にある世界だけをついつい当たり前と思ってしまいますが、その勘違いに対して強烈なしっぺを打ってくれる文化人類学は面白いですね。

 

yokkon.hatenablog.com

 

 

 

《その他》

7. アサーション入門

相手も自分も大事にするコミュニケーションを「アサーション」と言うそうです。

僕は本書に出会って、その存在を初めて知りました。

 

本書の中で僕が好きだなと思うのは、自己主張をしない人にも責任がある、という旨が書かれていることです。

 

「人見知りなので話しかけてください」より、「人見知りですが頑張って声かけるので、お話ししましょう」と言える人の方に個人的には好感を覚えます。

そして自分はそう言える人でありたいなーと思います。

 

 

 

8. Give and Take

 

与える人(ギバー)であることがいかに大事か、どうやったらなれるか、燃え尽きないために注意すべきことは何か、を教えてくれます。

 

こういう本を読むと自分の中にもう一人の自分を持つことができます。

そして何か選択を迷ったt気に「与える側の選択肢を選ばんでええのか?」とその人が聞いてきます。

 

そんな自分をもう一人作ることは、物事をできるだけ客観的に見るためにも重要です。

口で言うのは簡単だけど、そのようになるにはどうしたらいいかを改めて考えてみたいと思います。

 

 

 

チャンチャン♪